出会いから付き合うまでの鉄板方法と期間

出会いから付き合うまでが一番ドキドキすると言っても過言ではありません。ただ、どうなるかわからない時期でもあるからこそ、出会いから付き合うまでには不安にもなりやすいです。ここでは、そんな方のために出会いから付き合うまでの鉄板方法と期間についてご紹介していきたいと思います。

 

出会いから付き合うまでの鉄板方法とは?

まずは、出会いから付き合うまでの鉄板方法についてですが、これは順を追っていかなければいけません。ひとつでもステップを飛ばそうとすると、それで台無しになってしまうことがありますので注意が必要です。

 

最初は挨拶と雑談ができるようになって、そこから連絡先を交換するところまで持っていきます。連絡先を交換して終わりではなく、自然に連絡が取れるくらいの仲を目指していきましょう。仲が深まったら軽い食事をするようにして、本格的なデートを重ねていって、最終的に告白という感じですかね。

 

このように順を追っていくことが大切です。相手は機械ではなく、人間なのです。時間もかかりますし、思うようにならないこともありますが、それが普通なのです。

 

出会いから付き合うまでの期間はどれくらい?

では、出会いから付き合うまでの期間はどれくらいなのでしょうか?これは本当にケースバイケースなのですが、一般的には1か月から3か月ほどと言われていますね。あくまでも目安ではありますが、出会いから付き合うまでには1か月から3か月くらいはかかるものと最初から思っておいたほうがいいかもしれません。

 

一方で、出会いから付き合うまでが1週間くらいというケースもあります。10代から20代の若い世代の方に多く見られるのですが、お互いに「好き」という気持ちが強く、いわゆるアツアツのカップル、ラブラブのカップルになりますね。

 

逆に、出会いから付き合うまでに1年くらいかかるというケースもあります。こういう場合にはお互い最初は異性として意識していなくて次第に……というパターンが多いようです。時間がかかっている分、お互いのことがよくわかっているのでカップルでありながらどこか夫婦のような安定感があります。

 

このように出会いから付き合うまでの期間というのは、本当にケースバイケースです。早ければいいというものでもありませんし、時間がかかればいいというものでもありません。その後、より良い関係を築いていくことが大切なのです。