出会い系サイトでサクラに出会った体験談

「出会い系サイトと言えばサクラ!」という方も多いのではないでしょうか?実際に、出会い系サイトにサクラはつきものです。基本的にやり取りを進めていく中で、違和感を抱くようなことがあれば相手はサクラと考えていいかと思います。ここでは、出会い系サイトで実際にサクラに出会ったという体験談をご紹介していきたいと思います。

 

可もなく不可もなくな雰囲気に流されてしまった

出会い系サイトに登録してからは、自分のほうから女性にメッセージを送りまくる日々でした。そんな中で、ある日、初めて女性からメッセージが送られてきました。もちろん、最初は疑っていたのですが、プロフィール写真を見ると可もなく不可もなくという感じで、ある意味でとてもリアルな女性だったのです。

 

サクラというと美女のイメージがあったので、「これならサクラはないだろう」と安心してしまいました。やり取りの中で違和感を持つことはあったのですが、可もなく不可もなくという無難な雰囲気に流されていました。

そのうち話の辻褄が合わないように

サクラでもやり取り自体は普通にできるんですよね。ただ、やり取りを長く続けていると相手も設定を忘れてしまうのか、話の辻褄が合わなくなってくるんです。例えば、最初は兄弟はいないと言っていたのに、あとから当たり前のように兄弟の話をしてくるといった感じですね。

 

おかしいなと思って、距離を置いてやり取りを控えめにすると「さみしい」と言ってみたり、「忙しいの?」と聞いてきたりするんです。これでズルズルやり取りを続けてしまうんです。やり取りが長引いている分、どうしても信じたいという気持ちが出てしまうんですよね。

 

結局会えず結構なお金を無駄に

やり取りが続くと、こちらとしてはやはり会いたくなりますよね。いざ会おうという話をすると、はぐらかされるんですよね。それで距離を置こうとすると、また「さみしい」攻撃をしてくるんです。今改めて考えると、自分も相当馬鹿です。

 

結局、相手とは会えないまま、ただメッセージのやり取りをするだけのために結構なお金を無駄にしました。ここまで来て、ようやく「サクラだったんだ」とわかったのです。はたから見ると馬鹿らしいかもしれませんが、いざ自分が直面すると流されてしまう人は多いと思います。

 

基本的におかしいなと違和感を抱いた瞬間から、別の相手を探したほうがいいです。それがサクラ除けにもなります。